けいが文章を書く場所

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいが文章を書く場所

とりあえず文章が書きたいと思って始めたブログです。がはは:)

細くてガチおすすめ!!Aretiのヘアアイロン詳細レビュー

 

今日はヘアアイロンのレビュー。

 

 

実はぼく、こないだまでこのアイロンを使ってまして。。

 

ネット上では、軒並み高評価のヘアアイロン

2017年2月25日段階では、Amazonで6,600円、評価は5つ星で4,1です。

 

 

使っていて不満はなかったのですが、先日、急に発火しまして、使えなくなりました。笑

あっつかったぞ。

 

 

そこで、他のアイロンを探してたら、ええものを見つけてしまいました、というお話です。

 

 

Aretiの極細ストレートアイロン

それがこちら。 

11,800円→4,760円(60%off)

 

 

これは、マジで、いい。

ぼくが今まで使った中で、圧倒的にいいと自信をもっておすすめします。

 

 

それでは詳細、どうぞ。

 

 

まずは基本情報を

まずは、このアイロンの基本的な仕様からいきましょ。

おすすめポイントとかはまた後で言うから、ちょっと待ってな。

 

 

●スリムな15mmアイロンはストレートからしっかりカールまで使い勝手がよく、男性やショートヘアにもご使用いただけます。前髪のセットにも最適です。


30秒で170℃のスピーディな立ち上がりで、忙しい朝、お出かけの直前でも気軽にスタイリング!


●特製の細く長いプレート、高品質なコーティングで髪の抵抗を軽減し、最高レベルのなめらかさを実現。


高品質なチタニウムプレートからダメージを抑えるマイナスイオンを放出。髪にうるおいと艶を与えながらスタイリングできます。


●分かりやすいデジタル表示。ご自身の髪質に合わせて5℃ずつ温度を調整できるから、さらにダメージを軽減できます。


●安全装置を採用し、万が一消し忘れても15分間無操作で自動的に電源をOFFに切り替えるから安心!


●絡まりづらい360度回転コード。


●世界中の電圧に対応するグローバルボルテージ。電圧を調整する必要がなく、プラグが合えば旅先でも髪のセットは妥協せず、プロ仕様でスタイリングできます。
※プラグアダプターは別途お求めください。

●スリムな本体と、ノンスリップゴムで握りやすい。

 

公式の情報を引用しました。

 

んじゃ、さっそく(遅いか)、ぼくなりのレビューをどうぞ。

 

 

 

Aretiのヘアアイロンのいいところ3つ

このアイロンのええところは大きく3つ。

 

  1. めちゃくちゃ型がつけやすい
  2. めちゃくちゃ細くて使いやすい
  3. めちゃくちゃ温まるのがはやい

 

それじゃ、1点ずつ見ていくね。

 

 

めちゃくちゃ型がつけやすい

ぼくは髪の専門家じゃないんで理由はわかりませんが、めちゃくちゃ型がつけやすいです。

 

 

ぼくがついこないだまで使ってたワンダムのアイロンと比べても、明らかに、いい。

いや、体感ですが、まじです!ほんまに!!

 

 

プレートがつるつるなこと(滑りがめっちゃええ)、マイナスイオンが放出されること、髪の抵抗を低減するコーティングがされてることくらいが、要因になってると思われます。

 

 

とにかく、めっちゃセットしやすいのはほんまなんで、詳しく知りたい人は美容師さんにでも聞いてください。

ぼくにはここが限界です。笑

 

 

 

めちゃくちゃ細くて使いやすい

すでに何度か言ってますが、めっちゃ細い。

 

f:id:kei-T:20170226213002j:plain

↑横向けてます。

伝わるかわかりませんが、ほっそい。

 

 

アイロンのプレートは、だいたい25mmが相場かな。 

こんだけ細いアイロンは、ぼくも初めてお目にかかりました。

 

 

ショートの人にとっては、プレートの幅が25mmもあると 、取りたくない束まで取ってしまったり、頭皮に近づきすぎて熱かったり(たまについちゃう時あるんすよ。。)で、意外と使いづらく感じることがあります。

太いのしか使ったことないうちはなかなか気づかん、ってのが、やっかいで。

 

 

ぼくは、今後、20mmを超える太さのアイロンを使えなくなってしまうでしょう。笑

 

 

めちゃくちゃ細くて使いやすい

そして、これ。

まじで早い。

 

 

んで、デジタル表示で、温度の上昇が目で見てわかるのがいい。

ぼくは150℃でいつも使ってるんですが、10秒もあれば150℃に到達します。

はえーーーーーっす。

 

 

あ、温度の上昇が早いってのは、プレートの質による部分もありますが、発熱機構がきっちり作られてるって証拠なんで、安全さ・丈夫さにも期待できるってことです。

 

 

 

Aretiのヘアアイロンのよくないところ

よくないところってほとんどないんですけど、 強いて言うならってことで。。

細かいけど2点挙げます。

 

 プレートの外側部分も熱くなる

使ってて問題を感じるとすれば、ここかなと。

 

 

プレートの外側って、前髪をセットするときとか、もみあげあたりをセットするときに、皮膚に触れることがあるので、熱くなると危ないんですよね。

 

 

ぼくの体感ですが、180℃くらいから、外側まで、触れると危ないなってくらいの温度になります。

ぼくがいつも使ってる150℃やと、触れないことはないくらいの熱さです。

 

 

アイロンを使い慣れてる人なら大丈夫でしょうが、あまり慣れてない人だと、肌に触れてしまって「あっち!!」ってこともあるでしょう。

 

 

 

プレート同士の合わさりが完璧ではない

これも細かいですが、2つのプレートの間が少し開きすぎているかなぁー、って思います。

 

 

なので、少し力を強めに入れないと、髪を挟みにくく感じる方はいるかも。

f:id:kei-T:20170226212119j:plain

↑いちおー写真。

わかりにくくてごめん。

隙間があることくらいは伝わると思いますが、どんなアイロンでも、少しは隙間を開けてますからね。

 

 

まぁでも、これは、少し使ってれば慣れます。

ぼくは4.5回で慣れました。

 

****

よくないところ、以上。

****

 

 

総じて。。

まず、ショートの方には間違いなくおすすめ。

男であろうと、女であろうと、ショートならこのアイロンでセットしてみてほしいかな。

 

 

その細さと、それによる使いやすさに、ジワジワとはまり込むから。

 

 

ただ、他のアイロン使えんよーになっても責任は取りまへん。

 

 

 

おしまい。