けいが文章を書く場所

けいが文章を書く場所

推敲なんぞ、せん。(タブン)

シャドウバースにどハマり中。紹介記事など書いてみる。

 

実は私けいは、昔から”カードゲーム”というものが大好きでありまして、小学生・中学生の頃は、1日中、友達とはもちろん、家に帰ってからも、弟と、もしくは1人でさえやっていたものです。

 

 

やってたのは、遊戯王とデュエマ。

10年ほど前、最盛期を迎えてたんやと思いますが、ぼくの周りはみんなやってましたねぇ。。

 

 

遊戯王→デュエマ→遊戯王→デュエマ

と、ぼくらの中でのブームが2週しましたよ。笑

 

 

そんなカードゲーム好きのぼくに、昔の情熱を取り戻させてくれるんやないかというカードゲームアプリを見つけました。

 

 

それが、「シャドウバース」。

 

f:id:kei-T:20170222144926j:plain

 

広告やCMを見たことがある人もいると思います。

これの紹介。

 

 

つまりはカードゲーム

とりあえず最高にざっくりした説明をすると、「カードゲームアプリです」ということになるわけですが、それではなかなかわからない。

 

 

ぼくの感覚では、遊戯王とデュエマを合体させたような感じかなぁと思います。

いや、ちょっと違うねんけど。

 

 

もうちょい詳しく見よか。

 

 

バトルシステム

これまたざっくり言うと、フォロワー(モンスターとか、クリーチャーに該当するやつ)を出して、相手のリーダーの体力(遊戯王でいうライフポイント)が0になるまで殴るって感じ。

 

 

フォロワー以外に、スペル(魔法カード・罠カードとか、呪文に該当するやつ)と、アミュレット(永続魔法的なやつ)があって、それらでサポートしながら、戦います。

 

f:id:kei-T:20170222152646j:plain

①がリーダーで、その右上の「20」「17」がリーダーの体力です。遊戯王でいう”LP”。

 フォロワーで攻撃して、リーダーの体力を0にすると勝ちです。

②がフォロワーで、ついてる2つの数字のうち、左が攻撃力で右が体力。

 攻撃すると、攻撃力分体力を削り、0にすると破壊できます。

③がアミュレット。破壊されるまで場に残ります。

④がPPで、デュエマでいう”マナ”で、ターンを進めるごとに1ずつ勝手にたまります。

 右下に見えてるカードが自分の手札で、それぞれのカードの左上の緑背景の数字が

 コストで、この数字分PPを消費して、カードをプレイします。

 

 

ちょっと詳し目に説明しましたが、特に変わったところはない、割と普通のカードゲームやと思ってもらっていいです。

 

  

カードは個別に生成できる!!!

シャドウバースのいいところやと思ってるのが、この、カード生成システム。

多くのスマホゲームには「ガチャ」要素があって、このゲームも例外ではありません。

 

 

ただ、違うのが 、欲しいカードを生成できるってこと。

 

 

f:id:kei-T:20170222154814j:plain

緑色の四角で囲った2枚が、今ぼくが持ってないカードです。

こういった持ってないカードや、もっと欲しいカードを、下の楕円で囲った「レッドエーテル」を使って生成できると。

 

 

これは本当にいいシステムで、課金をしなくても、時間をかけてレッドエーテルを集めていれば、欲しいカードを当てられなくても、生成することができます

(生成の逆にカードを分解したり、ミッションをクリアすることで、レッドエーテルは貯められます。)

 

 

レアリティによって、生成に必要となるレッドエーテルの量は変わります。

 

 

 

醍醐味はもちろん、デッキ構築

そして、全てのカードゲーム(全部やったことはねーけども)における醍醐味が、デッキ構築。

シャドウバースでもそう。

 

 

シャドウバースでは、さっきの「リーダー」に「クラス」ってのがあって、それが、

エルフ/ロイヤル/ビショップ/ウィッチ/ヴァンパイア/ネクロマンサー

の6種類。

 

 

デッキは、それぞれのクラス専用のカードと、全てのクラスで使える「ニュートラル」のカードを、40枚組み合わせて構築します。

 

f:id:kei-T:20170222162858j:plain

↑デッキ構築画面。

上に並んでるのがデッキのカードで、下に並んでるのがそれ以外のカード。

ここでカードを入れ替えて、デッキを構築しまくる。

いやはや楽しい。

 

 

f:id:kei-T:20170222163312j:plain

↑これが、デッキ確認画面。

でっかい一覧で見れます。

(ちなみに画像は、現環境で活躍しておる、ぼくの「コントロールヴァンパイア」。

序盤は相手のフォロワーを破壊しながらバンバン回復して、終盤、フィニッシャーで一気に倒します。)

 

 

 

2017年2月22日現在では、カードプールは600種類近くって感じです。

カードゲームとしては、まだまだカードの種類が少ないようにも感じますが、無料のスマホアプりとしては十分すぎるほどで。

来月には、新弾の4パック目が出るので、さらに100種類近く増えます。

 

 

デッキ構築が面白くなりますなぁ。。うひひ。

 

 

****

はい、シャドバ紹介以上。

けっこーちゃんと説明しましたね。

 

 

途中のスクショを見てもらってわかるかな?

グラフィックもめっちゃ綺麗です。

 

 

手軽でありながら、がっつりやり込めるカードゲームです。

 

 

カードゲーム好きは、必ずやること。

 

 

 

 おしまい。