けいが文章を書く場所

けいが文章を書く場所

推敲なんぞ、せん。(タブン)

文章の書き方。ちょっとした文末への意識。

 

 

最近、文章を読むだけでなく、自分でも書くようになってきまして、人の文章を読んでいて腹が立つことがでてきたんですよね。笑

「ちょこっと書き始めただけの分際がエラそうに。」とか思わんと、読んでください :)

 

****

 

f:id:kei-T:20160701161104j:plain

 

 

文末

何について腹が立つのかってーと、あらゆるブログや記事で使われている「文末」の形です。単刀直入に言うと、

 

「〜〜かもしれません。」

「〜〜な気がします。」

「〜〜ではないでしょうか?」

「〜〜なようです。」

「〜〜らしいです。」

 

みたいなの!!

 

 

こういった文末で書かれた文章って、なんかこう…たまにむかついちゃうんですよね。笑

 

 

「自分の意見やったらもっとしっかり言い切れよ!!」って感じです。

こいつらはどれもこれも、しっかりと「逃げ場」を作る言い方ですからね。

主張が強く伝わってきません。

 

 

文末は、中途半端にうやむやな言い方をするのではなく、きちんと言い切りの形で書いた方が、主張が伝わりやすい気がします。

 

 

 

 

あと、「あくまでぼくの意見ですが…」みたいな前置きがしつこい文章もそうです。

「そんなんわかっとるわい!!」って感じ。

 

 

 

「言い切っちゃうと文章に責任が…」とか思って逃げるんでしょうが、それでは文章に”パワー”が生まれませんわな。

誰もあなたの文章に責任なんて求めてこないから大丈夫ですよ!笑

 

 

自分で文章を書く人でない限り、明確に、「言い切ってないからダメ!」と思う人はあまりいないかもしれませんが、何か物足りない感が、感覚として絶対にあります。

 

 

ぼくは最初から、「言い切りの形で書こう!!」と思いながら書いていたわけではないんですが、その都度、「どう書けば伝わりやすいやろかぁ」と考えながら書いていたら、自然と言い切りの形で自分の意見を書くようになっていた、って感じです。

 

 

間違いでも何でもいいから言い切ろう :)

とにかく、間違ったことでも何でも、言い切ることが大切やと思います。

べつに誰も、あなたが正しいことしか書かないとは思ってませんからね。笑

 

 

伝えたいことがある、読みやすい文章、パワーのある文章が書きたいと思うなら、文末に対する意識をもち直してみてください :)

「文末なんかなんでもええねん。」なんて思わずに。

 

 

え?ぼくの文章?

もちろん言い切ってばっかですよ!

そんなに疑うんなら、サイドバーか記事下から、他の記事も見てみてくださいや。ホホホ。